カテゴリー別アーカイブ: その他の作業

iO的ホイールバランス調整のお話し

タイヤ組み替え作業の中に「バランス調整しますか?」と言うワードが出てきます。iOでも「バランス調整」の費用が組み替えと別料金で設定されています。

バランス調整って何?って言う所は、ネットで検索して下さい。たぶん当店より説明が上手な方が判るように説明してくれています(笑)

バランス調整をしないとどうなるか?ですが、狂っていると走っている時に車体に振動が出るという症状に表れます。これは80Km以上のスピードが速い時に出るので、結構気になりますし、「何?何?車バラバラになる??」ぐらいの振動になるときがありますので、ハッキリ言って判っていないと怖いです。

さてホイールバランス調整ですが、専用の測定機器があります。もちろん高い物ではありませんがiOにもあります。


↑測定機器はこんなの


バランス調整はホイールに重りを付けていきながら、タイヤ&ホイールの重さに偏りがなくなるようにして行きます。この重りが「バランスウェイト」と言われるものです。


↑銀色のやつがバランスウェイトです。


で、このバランス調整なんですが、結構長年の感みたいなものが、作業のクオリティに影響します。

ちょっと知っている方だと、普通に考えればバランス測定機器にホイールを装着し、クルクルっとホイールが回って、「ここに○○グラム重り付けてー」ってなって、その通りにやればOKって感じなんですけど、それがそう簡単じゃないところに「長年の感」が必要だったりするのです。

バランス測定機の「ここに○○グラム重りつけてー」は実は・・・

「ここの”あたり”に○○グラム重りを付けると良いような感じだから、まずはやってみてー」

っていう、ハッキリしない情報だったりします。これは機器が高額になると「感じー」の精度があがるのですが、やっぱり「感じー」なのは変わりません。

ここでその「ふわっ」とした感じを補うのが長年の感なのです。

バランス調整をしてもらったのに直ぐに振動がでたり、バランスウェイトの重りがホイールの外側内側に1箇所ずつではなく、何カ所にも別れて貼られていたりする場合は、しっかり調整が出来ていない可能性があります。

なぜiOがそのあたりをちゃんとバランス調整をするか?と言うと、一般公道のスピードを遙かに超えるサーキット走行をする車で、バランスが狂っていると、それこそ「怖くて走っていられない」からです。うちだと普通のやり方なんですけど、サーキットを走っている方に「何度よそでバランス調整してもらっても振動が出ていたのにiOさんでやってもらったらピタッと止まった!」と言う喜びの声をいただいて

「ふーん、うちってちゃんとしてんだなー」

って思ったので自慢でお伝え致します(笑)

もちろん一般走行の車も「しっかりバランスが調整出来ていること」というのは、スムーズなストレスのないドライブに繋がります。その分「高く」ちゃいかがなもんか?って思いますが、当店お安くやっておりますので、当店での作業をお勧め致します。


↑わかりにくいけど内側と外側に1箇所ずつ銀色のバランスを貼り付けて調整しています。


車体の振動の不具合は「バランス調整」だけではありませんが、車の違和感でお困りの方、また新規タイヤ購入で組み付けバランスをご希望の方は、是非ご相談下さい!

なお、競技スピードが100Km程度のジムカーナや、そもそも振動出るのが当たり前のダートトライアルはバランス調整を省く場合が多いです。そのために別々の金額設定にしています。

スポーツ走行をされる方は「スピード域」で調整するしないをご選択下さい。そのあたりもしっかりアドバイスさせていただきます!

宜しくお願い致します。

表面硬度が「ガラス」のボディコーティング

■ボディコーティングの需要な役目は「塗装面を守ること」と考えます。

ファクトリーiOではボディコーティングを自社で施工しています!

コーティングを施工する目的は「ボディを薄い膜で覆ってキズや汚れ、塗装の劣化を防ぎたい」というところです。

当社のコーティング材の特徴

  • 被膜硬度は硬い方が良いが、塗装より硬いと長い年月でひび割れが生じてしまう、鈑金修理の際に支障が出るなどがあるので、適度な「硬さ」であることが必要です。(当社コーティング材は硬度9H)
  • 被膜の厚さは、光沢のムラが出にくい厚み限界まで厚いほうがよい。厚い方がクッション要素が出るので外的要因(飛び石、鳥糞)から塗装を守ることができます。(当社コーティング材は膜圧2µ+α)
  • 緻密性が高いこと。分子レベルでの緻密性は表面への吸着を強固にします。また塗装分子に絡むことで「剥がれにくく」なる効果もあります。
  • 色あせ、艶引けは塗装が痛みが進行し、結果として塗装が酸化し劣化してしまった状態です。表面が劣化すると目に見えないレベルで表面が「ボコボコ」になり、汚れやすくなります。またパッと見、車全体がぼやけた感じになります。当社のコーティングは塗装酸化を防ぐ能力が強いです。
  • コーティング材の緻密性が高く、塗装表面に貼り付いている力がとても強いので、ぶつけたり、引っ掻いたりしなければ基本的にコーティング材が剥がれてしまうことはありません。
  • 他のコーティング材と比べ硬度は格段に硬いのですが、ガラス表面に砂をこすりつければ、細かいキズが付くように、このコーティング材も表面にキズが付きます。しかし過去施工したお客様の状況ですと、短くても2年、長ければ5年は施工時の状況から大きく劣化することはありませんでした。

■ファクトリーiOでは「こんな方を想定して」コーティングメニューを作りました。

●競技車両・レース車両

競技車両は会場で、バケツに水を汲んで洗車をするケースがあります。洗車時にボディにキズを付けない為には沢山の水で汚れを洗い流しながら洗車をしていくのがベストですが、レース場ではなかなか「水をふんだんに使える」ような場所がありません。当社のコーティングは表面硬度が硬いためバケツ洗車でもキズが付きづらく、水洗いだけでも綺麗になります。

またナンバー付き競技車両でも通常移動に使わない方は、「ボディカバー」をかけて保管している場合がありますが、構造上どうしてもボディカバーと車体の表面がこすれて細かなキズが付いてしまいます。当社のコーティングは表面硬度が硬いのでこのような場合もキズを最小限に防ぎます。

●あまりこまめに車を洗えない方

自分で車を洗おうと思うと、やはり1時間ぐらいはかかってしまいます。またそれに自分でワックスや簡易コーティングをかけるとなると、さらに1時間・・・。

中々時間を作れなくて、放置した期間が長いと汚れを落とすのに、さらに時間がかかる。余計時間を作れなくて洗わない期間が延びる・・・・。そういう悪循環を当店のコーティングは解消してくれます。

まず、汚れが堆積しても簡単な水洗いで汚れを洗い流すことが出来ます。状況によっては水が流れる場所(ドアノブやドアミラーの下)には流れたような水垢汚れが染みつく場合がありますが、コーティング材の表面での汚れなので市販の水垢取りやコンパウンド材を使用すれば簡単に落とすことができます。

●ガソリンスタンドなどの洗車機を使いたい方

コーティングをした場合、その後のメンテナンスで「色々な制約」が付く場合があります。

  • 洗車機を使ってはいけない
  • 洗車の時には水で手洗いしなければならない
  • 月に一回メンテナンス材をつかって作業をしなければならない
  • 他のコーティングや水垢取りを使ってはいけない

等々。

こういう煩わしい(?)「制約」は当店のコーティングではありません。特に「洗車機」は逆に使って頂いて全く問題ありません。洗車機は洗車キズが付きやすいですが、強固で厚みがあるコーティング被膜が塗装までキズを到達させません。そもそも洗車キズもほとんどつきません。

まれに「コーティングしてあるから洗車できない」と汚れた車で走り回っている方がいらっしゃいますが、汚れを付けたまま走行するのは細かなキズの原因になりますし、塗装の表面酸化の原因になるなど良いことはありません。

■コーティング専門店以上の品質をお求めやすい価格でご提供いたします。

コーティング作業は新車で2日~3日、鏡面調整をする車両は3日~4日のお時間を頂きます。代車を無料でご用意致しますのでご利用下さい。