ファクトリーイオは「ビギナーズジムカーナin筑波」を応援しています!

関東周辺で車の「ジムカーナ」をやってみたい方は「ビツク」がお勧め!

「ビギナーズジムカーナイン筑波(通称「ビツク」)」がお勧めです。イベント名通り「初心者対象」のジムカーナイベントです。

「突然大会は無理!」と言う方には、このイベントの前日(土曜日)に必ず「練習会」をやっていますのでこちらにどうぞ。

スタッフはもちろん、参加している人たちもみなフレンドリーな方々ばかり、大学生から定年退職後のシニアの方まで、車好きが同じ目線で楽しんでいます。

イベント内容もスタッフ対応も初心者、入門者がとても参加しやすいように工夫されていますので、本格的な大会形式のジムカーナを気軽な気持ちで楽しむことが出来ます。

「ジムカーナ」をやらない理由ナンバー1は?

ここまで見て頂いて「ジムカーナ」がなんなのか判らない方はは、Googleさんに聞いてもらう(笑)として、「ジムカーナやりません?」と聞くと一番最初にでるのが

「コースを覚えられない」

という言葉です。

まあベテラントップジムカーナドライバーでもミスコースする人はいるし、長年ジムカーナをやっている人なら「多かれ少なかれしょうがないしょ。それもジムカーナだから」みたいな感覚を持っているとおもうのですが、初心者の方々はミスコースして黒旗振られて「走行終わりー、パドックへ戻ってー」ってやられると、そりゃもうショックと落胆から立ち直れない。

まず1週間はどよ~っとした気分で過ごすようです(笑)

それは年齢性別関係無くみんな悔しいわけです。

ちなみにジムカーナを長年やっている人たちは、悔しいは悔しいけど、「まあ次でしょ」ってな感じで、すぐに忘れちゃいます。ミスコースで精神的にやられなくなったら、

ある意味ベテラン(笑)

そこでファクトリーイオが「ビギナーズジムカーナin筑波、ミスコースゼロ」を目指します!

ビツクはドライビングテクニックに合わせて細かくクラス分けされています。

自分に合ったクラスに出れば良い。

その中でも初心者入門者対象に「はじめてクラス」「FM(フレッシュマン)クラス」があります。

まずこの2つの初心者用クラスの「ミスコース」を無くしたい!

ジムカーナは朝に今日のコースが発表されます。これを覚えてコースの「慣熟歩行」を行います。

この慣熟歩行の前に「はじめてクラス」と「FMクラス」参加の方へファクトリーイオのドライバー2名がドライバーを集め、本日のコースの間違えにくい覚え方をレクチャーします。

そしてさらに慣熟歩行の1周を一緒に歩きます。

実際に走行する際の目線に近いところから間違えそうな箇所と対策をアドバイスします。


アドバイスするのはこの二人!

■はじめてクラス担当 岡田祐介

JAF関東ジムカーナ選手権参加

ジムカーナ車両歴

●ランサーエボリューションⅣ(CN9A)

●インプレッサWRX-STI(GDB)

●スイフトスポーツ(ZC32S)

■FMクラス担当 梅澤高志

JAF全日本ジムカーナ選手権、関東ジムカーナ選手権参加

ジムカーナ車両歴

●シティ(GA2)

●MR2(AW11/SW20)

●インテグラタイプR(DC2)

●インプレッサWRX-STI(GDB)

●シビックタイプR(FD2)

●スイフトスポーツ(ZC33S)


その他のクラスもほったらかしではありません(笑) タイムアップにつながる、より高度な「コース攻略」をレクチャー!

「はじめてクラス」「FMクラス」以外のクラスの方で、希望するドライバーにはタイムアタック2本目前の慣熟歩行に入る前に、今日のコースを上手に速く走る為の「考え方」を梅澤がレクチャーします!

通常「試合」の時には選手に対して「アドバイス」はしないものですが、そこは「公認戦」ではない「ビギナーズジムカーナin筑波」ならではということで、コース攻略、タイムアップの秘訣など、ちょっと他では聞けない高度なアドバイスを、なんと希望者全員集めてなんと

タダ(笑)

で教えちゃいます。

ベテランドライバーがどのような考えでコース攻略をしているのか?自分の考えは合っているのか?

そんな話を聞ける機会を提供しようと思っています。

 

あ、聞くだけじゃなくてお仕事もお待ちしています(笑

 


ジムカーナをやってみたい、はじめてみたい、と言う方、ビギナーズジムカーナin筑波の興味がある方は、一度ファクトリーイオにお電話もしくはメール(0463-73-8622 or t-umezawa@io-info.link)でお気軽にご相談ください!

 

iO的ホイールバランス調整のお話し

タイヤ組み替え作業の中に「バランス調整しますか?」と言うワードが出てきます。iOでも「バランス調整」の費用が組み替えと別料金で設定されています。

バランス調整って何?って言う所は、ネットで検索して下さい。たぶん当店より説明が上手な方が判るように説明してくれています(笑)

バランス調整をしないとどうなるか?ですが、狂っていると走っている時に車体に振動が出るという症状に表れます。これは80Km以上のスピードが速い時に出るので、結構気になりますし、「何?何?車バラバラになる??」ぐらいの振動になるときがありますので、ハッキリ言って判っていないと怖いです。

さてホイールバランス調整ですが、専用の測定機器があります。もちろん高い物ではありませんがiOにもあります。


↑測定機器はこんなの


バランス調整はホイールに重りを付けていきながら、タイヤ&ホイールの重さに偏りがなくなるようにして行きます。この重りが「バランスウェイト」と言われるものです。


↑銀色のやつがバランスウェイトです。


で、このバランス調整なんですが、結構長年の感みたいなものが、作業のクオリティに影響します。

ちょっと知っている方だと、普通に考えればバランス測定機器にホイールを装着し、クルクルっとホイールが回って、「ここに○○グラム重り付けてー」ってなって、その通りにやればOKって感じなんですけど、それがそう簡単じゃないところに「長年の感」が必要だったりするのです。

バランス測定機の「ここに○○グラム重りつけてー」は実は・・・

「ここの”あたり”に○○グラム重りを付けると良いような感じだから、まずはやってみてー」

っていう、ハッキリしない情報だったりします。これは機器が高額になると「感じー」の精度があがるのですが、やっぱり「感じー」なのは変わりません。

ここでその「ふわっ」とした感じを補うのが長年の感なのです。

バランス調整をしてもらったのに直ぐに振動がでたり、バランスウェイトの重りがホイールの外側内側に1箇所ずつではなく、何カ所にも別れて貼られていたりする場合は、しっかり調整が出来ていない可能性があります。

なぜiOがそのあたりをちゃんとバランス調整をするか?と言うと、一般公道のスピードを遙かに超えるサーキット走行をする車で、バランスが狂っていると、それこそ「怖くて走っていられない」からです。うちだと普通のやり方なんですけど、サーキットを走っている方に「何度よそでバランス調整してもらっても振動が出ていたのにiOさんでやってもらったらピタッと止まった!」と言う喜びの声をいただいて

「ふーん、うちってちゃんとしてんだなー」

って思ったので自慢でお伝え致します(笑)

もちろん一般走行の車も「しっかりバランスが調整出来ていること」というのは、スムーズなストレスのないドライブに繋がります。その分「高く」ちゃいかがなもんか?って思いますが、当店お安くやっておりますので、当店での作業をお勧め致します。


↑わかりにくいけど内側と外側に1箇所ずつ銀色のバランスを貼り付けて調整しています。


車体の振動の不具合は「バランス調整」だけではありませんが、車の違和感でお困りの方、また新規タイヤ購入で組み付けバランスをご希望の方は、是非ご相談下さい!

なお、競技スピードが100Km程度のジムカーナや、そもそも振動出るのが当たり前のダートトライアルはバランス調整を省く場合が多いです。そのために別々の金額設定にしています。

スポーツ走行をされる方は「スピード域」で調整するしないをご選択下さい。そのあたりもしっかりアドバイスさせていただきます!

宜しくお願い致します。