UmezawaTakashi のすべての投稿

ファクトリーイオは「ビギナーズジムカーナin筑波」を応援しています!

関東周辺で車の「ジムカーナ」をやってみたい方は「ビツク」がお勧め!

「ビギナーズジムカーナイン筑波(通称「ビツク」)」がお勧めです。イベント名通り「初心者対象」のジムカーナイベントです。

「突然大会は無理!」と言う方には、このイベントの前日(土曜日)に必ず「練習会」をやっていますのでこちらにどうぞ。

スタッフはもちろん、参加している人たちもみなフレンドリーな方々ばかり、大学生から定年退職後のシニアの方まで、車好きが同じ目線で楽しんでいます。

イベント内容もスタッフ対応も初心者、入門者がとても参加しやすいように工夫されていますので、本格的な大会形式のジムカーナを気軽な気持ちで楽しむことが出来ます。

「ジムカーナ」をやらない理由ナンバー1は?

ここまで見て頂いて「ジムカーナ」がなんなのか判らない方はは、Googleさんに聞いてもらう(笑)として、「ジムカーナやりません?」と聞くと一番最初にでるのが

「コースを覚えられない」

という言葉です。

まあベテラントップジムカーナドライバーでもミスコースする人はいるし、長年ジムカーナをやっている人なら「多かれ少なかれしょうがないしょ。それもジムカーナだから」みたいな感覚を持っているとおもうのですが、初心者の方々はミスコースして黒旗振られて「走行終わりー、パドックへ戻ってー」ってやられると、そりゃもうショックと落胆から立ち直れない。

まず1週間はどよ~っとした気分で過ごすようです(笑)

それは年齢性別関係無くみんな悔しいわけです。

ちなみにジムカーナを長年やっている人たちは、悔しいは悔しいけど、「まあ次でしょ」ってな感じで、すぐに忘れちゃいます。ミスコースで精神的にやられなくなったら、

ある意味ベテラン(笑)

そこでファクトリーイオが「ビギナーズジムカーナin筑波、ミスコースゼロ」を目指します!

ビツクはドライビングテクニックに合わせて細かくクラス分けされています。

自分に合ったクラスに出れば良い。

その中でも初心者入門者対象に「はじめてクラス」「FM(フレッシュマン)クラス」があります。

まずこの2つの初心者用クラスの「ミスコース」を無くしたい!

ジムカーナは朝に今日のコースが発表されます。これを覚えてコースの「慣熟歩行」を行います。

この慣熟歩行の前に「はじめてクラス」と「FMクラス」参加の方へファクトリーイオのドライバー2名がドライバーを集め、本日のコースの間違えにくい覚え方をレクチャーします。

そしてさらに慣熟歩行の1周を一緒に歩きます。

実際に走行する際の目線に近いところから間違えそうな箇所と対策をアドバイスします。


アドバイスするのはこの二人!

■はじめてクラス担当 岡田祐介

JAF関東ジムカーナ選手権参加

ジムカーナ車両歴

●ランサーエボリューションⅣ(CN9A)

●インプレッサWRX-STI(GDB)

●スイフトスポーツ(ZC32S)

■FMクラス担当 梅澤高志

JAF全日本ジムカーナ選手権、関東ジムカーナ選手権参加

ジムカーナ車両歴

●シティ(GA2)

●MR2(AW11/SW20)

●インテグラタイプR(DC2)

●インプレッサWRX-STI(GDB)

●シビックタイプR(FD2)

●スイフトスポーツ(ZC33S)


その他のクラスもほったらかしではありません(笑) タイムアップにつながる、より高度な「コース攻略」をレクチャー!

「はじめてクラス」「FMクラス」以外のクラスの方で、希望するドライバーにはタイムアタック2本目前の慣熟歩行に入る前に、今日のコースを上手に速く走る為の「考え方」を梅澤がレクチャーします!

通常「試合」の時には選手に対して「アドバイス」はしないものですが、そこは「公認戦」ではない「ビギナーズジムカーナin筑波」ならではということで、コース攻略、タイムアップの秘訣など、ちょっと他では聞けない高度なアドバイスを、なんと希望者全員集めてなんと

タダ(笑)

で教えちゃいます。

ベテランドライバーがどのような考えでコース攻略をしているのか?自分の考えは合っているのか?

そんな話を聞ける機会を提供しようと思っています。

 

あ、聞くだけじゃなくてお仕事もお待ちしています(笑

 


ジムカーナをやってみたい、はじめてみたい、と言う方、ビギナーズジムカーナin筑波の興味がある方は、一度ファクトリーイオにお電話もしくはメール(0463-73-8622 or t-umezawa@io-info.link)でお気軽にご相談ください!

 

iO的ホイールバランス調整のお話し

タイヤ組み替え作業の中に「バランス調整しますか?」と言うワードが出てきます。iOでも「バランス調整」の費用が組み替えと別料金で設定されています。

バランス調整って何?って言う所は、ネットで検索して下さい。たぶん当店より説明が上手な方が判るように説明してくれています(笑)

バランス調整をしないとどうなるか?ですが、狂っていると走っている時に車体に振動が出るという症状に表れます。これは80Km以上のスピードが速い時に出るので、結構気になりますし、「何?何?車バラバラになる??」ぐらいの振動になるときがありますので、ハッキリ言って判っていないと怖いです。

さてホイールバランス調整ですが、専用の測定機器があります。もちろん高い物ではありませんがiOにもあります。


↑測定機器はこんなの


バランス調整はホイールに重りを付けていきながら、タイヤ&ホイールの重さに偏りがなくなるようにして行きます。この重りが「バランスウェイト」と言われるものです。


↑銀色のやつがバランスウェイトです。


で、このバランス調整なんですが、結構長年の感みたいなものが、作業のクオリティに影響します。

ちょっと知っている方だと、普通に考えればバランス測定機器にホイールを装着し、クルクルっとホイールが回って、「ここに○○グラム重り付けてー」ってなって、その通りにやればOKって感じなんですけど、それがそう簡単じゃないところに「長年の感」が必要だったりするのです。

バランス測定機の「ここに○○グラム重りつけてー」は実は・・・

「ここの”あたり”に○○グラム重りを付けると良いような感じだから、まずはやってみてー」

っていう、ハッキリしない情報だったりします。これは機器が高額になると「感じー」の精度があがるのですが、やっぱり「感じー」なのは変わりません。

ここでその「ふわっ」とした感じを補うのが長年の感なのです。

バランス調整をしてもらったのに直ぐに振動がでたり、バランスウェイトの重りがホイールの外側内側に1箇所ずつではなく、何カ所にも別れて貼られていたりする場合は、しっかり調整が出来ていない可能性があります。

なぜiOがそのあたりをちゃんとバランス調整をするか?と言うと、一般公道のスピードを遙かに超えるサーキット走行をする車で、バランスが狂っていると、それこそ「怖くて走っていられない」からです。うちだと普通のやり方なんですけど、サーキットを走っている方に「何度よそでバランス調整してもらっても振動が出ていたのにiOさんでやってもらったらピタッと止まった!」と言う喜びの声をいただいて

「ふーん、うちってちゃんとしてんだなー」

って思ったので自慢でお伝え致します(笑)

もちろん一般走行の車も「しっかりバランスが調整出来ていること」というのは、スムーズなストレスのないドライブに繋がります。その分「高く」ちゃいかがなもんか?って思いますが、当店お安くやっておりますので、当店での作業をお勧め致します。


↑わかりにくいけど内側と外側に1箇所ずつ銀色のバランスを貼り付けて調整しています。


車体の振動の不具合は「バランス調整」だけではありませんが、車の違和感でお困りの方、また新規タイヤ購入で組み付けバランスをご希望の方は、是非ご相談下さい!

なお、競技スピードが100Km程度のジムカーナや、そもそも振動出るのが当たり前のダートトライアルはバランス調整を省く場合が多いです。そのために別々の金額設定にしています。

スポーツ走行をされる方は「スピード域」で調整するしないをご選択下さい。そのあたりもしっかりアドバイスさせていただきます!

宜しくお願い致します。

シビックタイプR 次のオーナーが決まりました! 

■車両変更の為、FD2シビックRは次のオーナー決まりました!ありがとうございますm(_ _)m

ZC33Sスイフトスポーツ開発の為、売り出していたシビックタイプRの次のオーナー様が決まりました。

販売のご協力いただいた「エムズネットガレージ」さんや、お話しを広めていただいた皆様、誠にありがとうございました。

2018年改造内容、メンテナンス状況

●JAFジムカーナ車両規定適合

●エンジン:ノーマル

●エンジンマウント:ALEX強化品

●ミッションギヤ比:ノーマル(1~3速、カウンターファイナルギヤ、オーバーホール後2,000km走行)

●LSD:クスコRS(オーバーホール後2,000km走行)

●クラッチ:クスコメタルクラッチ+強化カバー(オーバーホール後2,000km走行)

●マフラー:ノーマル

●ショック:スーパーオーリンズショック+サスペンションプラス直巻スプリング(オーバーホール後8,000km走行)

●ブレーキ:BRIGジムカーナ用(フロント交換後8,000km走行、リヤ交換後2,000km走行、ともにローター、キャリパーセットで交換)

●シート:BRIDE ZETA3(運転席のみ)

●シートベルト:TAKATA 4ポイント

神奈川の方にご購入いただきました。関東のビギナージムカーナ戦や、県シリーズなどに参戦していただけそうです。引き続きファクトリーイオでメンテナンスをさせていただけると言う事なので、カラーリングはそのままお渡ししました。

イベント会場等で見かけましたら、やさしくして上げてください(笑)

オリジナルタイヤカバー販売中!

■オリジナルタイヤカバー(4本セット)販売中!

 

タイヤの保管や運搬が常のイオのお客様の為に、タイヤカバー販売してます!

4枚セット5,000円(+消費税)

■カラー:黒のみ(汚れが目立たないと言うことで)

■サイズ:外径約750mm、タイヤ幅255程度対応(製品サイズ横幅475mm・長さ2500mm)

■材質:ポリエステル生地(引っ張りタイヤでホイールが接触する部分の材質を従来品より若干厚めにしました!)

 

常時ファクトリーイオに在庫ございます!

良くある感じ(笑)の、タイヤをぐるっと包んでマジックテープで止めるタイプです。持ち運びに便利な持ち手付きです。

全国に発送いたします。送料のお問い合わせは「t-umezawa@io-info.link」か0463-73-8622まで宜しくお願い致します。

 

■タイヤカバーのサイズ感はこちら。ご参考まで


●18インチ9.5Jホイール+235/40R17


●17インチ7.5Jホイール+205/45R17


●17インチ8Jホイール+225/45R17


●16インチ6Jホイール+205/50R16

アライメントに追加料金がかかる場合

■以下の場合は追加料金がかかります!ご注意ください!

(なお該当する調整箇所があっても数値のズレが無く、作業しなくてよい場合は追加料金はかかりません。)

  • RX7、ロードスター、S2000や、社外品装着などでフロントキャスター調整出来る車種は基本料金に5,000円が追加になります。
  • 元々純正状態で調整が出来ない箇所に、社外品等で調整箇所が増えている場合(調整付きアーム・調整式ピロアッパー装着等々)は調整1箇所追加に付き2,000円(左右分)になります。
  • スバル系の純正でフロントショックにキャンバー調整カムが付いている車両(レガシーインプレッサなど)は調整時にホイールを外さなくてはいけないので最低700円~最高3600円がプラスになります。
  • 調整時にアンダーカバーやシート、その他部品等の脱着が必要な場合は追加料金がかかります。(工賃は現車確認要)
  • ストラット下部の調整を他社品で追加している場合(キャンバーボルト、長穴加工等)はかかる時間分の工賃が追加になります。(5,000円~10,000円程度?)また「調整後のズレの可能性」と「左右ぴったりの数字にならない」ことをご了承ください。
  • 測定調整時にリフトアップをいたしますが、その際通常よりも手間がかかる場合。(これはバンパー脱着やサイドステップ取り外しなどです。)ご自分で当店駐車場で外す場合は追加料金はかかりません。
  • 低年式車等でボルトのサビ付き、ボルトナットの変形等で時間がかかる場合(サビによる固着はやってみないとわからないので追加をご了承いただけない場合は作業を途中でストップします)
  • 極端に車高を下げてフェンダーアーチ(車体)がタイヤに大きくかぶっている場合、専用のアタッチメントに交換します。その際は基本料金プラス5000円です。状況によってはアタッチメントが装着できない場合もありますので、その際は調整不可です。

追加の手間がかかるかどうかは、現車を確認させて頂いてもお答え出来ない場合が多いです。リフトアップ、もしくは測定機装着しないと判らない場合がございます。

まずはご予約頂き作業前、もしくは作業中に追加の項目はご相談させて頂きます。作業不可の場合もキャンセル料は頂きません。

ホイールアライメント測定調整で1万円より!「正常で快適な走り」を提供します!

■わかりづらいアライメント調整の価格をなるべく「わかりやすく」しました!

車種や調整箇所によって価格設定を細かくわけずに、判りやすく「ワンプライス」で作業を提供いたします。「普通の車」であればだいたいこの範囲にはいります。

(電話・メールでお問い合わせいただければ、おおよその金額はお伝えいたします。)

  • 国産車 測定調整込み価格10,000円(税別)

  • 輸入車 測定調整込み価格13,000円(税別)

  • 測定のみの場合は10,000円でお受けいたします。

 料金にはそのお車が純正で備え付けられている調整箇所をすべて調整する料金が含まれています。(キャスター調整車は追加料金がかかります)

 追加料金がかかる場合がございますので、必ずこちらもご覧ください!

■「やらないよりやった方が良いに決まってるアライメント調整」なので、なるべく安くしっかりした作業を提供するために!

作業は信頼性一番のアライメント測定機器有名メーカー「ハンター社」の中でベーシックなモデルを使用し、高価なドライブオンリフトを使わずに2柱リフト、ハンター社製調整用専用台に車両を乗せて測定調整します。

もちろん数値は上級機種と比べても全く精度は変わりません。

●使用機材 アライメントテスター ハンター社 PA130

DSC_0135

●アライメント測定専用作業台に車両を乗せての測定調整

 

■完全予約制お待たせいたしません!

完全予約制(作業時間1台1時間~1時間30分程度)で事前に予定を入れさせていただくことで、効率的に作業を回していきます。

申し訳ございませんが待合室もございませんのでお待ちの方は工場内にてお待ちいただきます。なお工場のすぐ裏にイートインコーナーがあるコンビニもございます。

 コスト削減を価格に反映いたします。価格の安さには理由がありますが「いい加減」な作業はいたしませんのでご安心ください!

■「純正基準値にしか合わせません」??当工場はお客様の意向に沿って調整します!!

調整数値はお客様の意向に沿った形にて行います。(純正基準値or指定数値、おすすめ数値もご希望でしたらアドバイスさせていただきます。)

工場内でお待ちいただきますのでお客様の目の前で作業をいたします。いわゆる「ツライチ」ホイールで直接見ながら調整してもらいたい!などのご希望にもなるべく対応いたします。

アライメント測定数値は最終的に「調整前」「調整後」を印刷しお渡しいたします。

■こんな方はぜひ当店にご相談ください!

○ケース1

ご自分でご希望の数値がある場合。他店では断れる場合が多いようですが当店ではご希望の数値に合わせます。

○ケース2

通常アライメント調整は自動車メーカーが発行している「純正基準値」に車両の数値を合わせていく作業になります。が、車高を下げているお車の場合、基準値にならない場合が多いです。その際は車両の状況や走行用途に合わせてできるだけ不具合の出ない方向でのご提案をさせていただきます。

○ケース3

「速く走ること」を目的にした「競技車両」はキャンバー角とトー角の関係性が重要であると考えています。タイヤの性能を最大限に発揮し、ハンドリングやトラクション性能を考慮する調整で1/1000秒を削るお手伝いを致します。

またサーキット走行、スポーツ走行を楽しむ方、一般公道でも運転することが好きで気持ちよく走りたい方も大歓迎です。ちょっとめんどくさい車でも一生懸命やります(笑)

予約時にお伝えください。

01489ecc40b307698b29b543964aeb32c3da50f9

○ケース4

「輸入車」は分解してボルトを交換するなどしてアライメント調整をする場合が多く、高額になってしまうことが多いようです。当店では容易に調整できる箇所のみでできるだけ不具合を減らします。基本調整でほぼタイヤの減り正常化や足回り分解後の適正化は可能です。

もちろんご希望の方は基本料金では収まりませんが、ボルト交換、分解作業を伴った調整も承ります。

まずは基本調整を試していただき、さらに改善をご希望の場合はご判断いたくのがおすすめです。

○ケース5

「車高が低い」「タイヤがはみ出ている」「エアロが大きい」「キャンバーついている」などのお車も、他店では断られることが多いようです。もちろん他店で断られたお車は当工場でもとても手間がかかる場合が多いため、積極的にはやりたくありません(笑)が、お困りの方にはできる限りのご協力と提案をさせていただきます。まずは電話などでご相談ください。

■お願いいたします!

 

  • 作業は完全予約制です!ご予約とお問い合わせは0463-73-8622までおねがいします! なおアライメント作業は大変好評をいただいておりますので「今日の今日」「今日の明日」と言うご予約は受けておりません。申し訳ないですが余裕を持ってご予約いただけますようよろしくお願いいたします。また週末はご予約が集中いたしますのでお急ぎの方は平日作業がおすすめです。
  • 車両の状況による金額や「この症状が治るかどうか?」のお問い合わせですが、電話でも応対いたしますが、一人で工場を切り盛りしている都合上、時間をかけて対応することが出来ません。ご質問内容を事前にご用意いただき簡潔に済ませていただけますと助かります。もしお時間いただけるならt-umezawa@io-info.linkへメールでお願いします。なるべく早く返答いたします。
  • 作業のご予約に関してですがメールでのご予約は空きのご提示から予約までのタイムラグを考えお受けしておりません。ご予約はお電話にてお願いします。
  • 測定用センサーをホイールに接触させる形で装着いたします。もちろん注意をいたしますが装着の際軽微なキズやセンサー部接触跡がホイールに付く場合がございます。デモカーや新品ホイールなど100%の作業を求められる方のご来店はご遠慮いただけますよう宜しくお願い致します。そのような車両もご了解頂ければもちろん作業は致します。当店では作業入庫の段階でキズの危険性を了解頂いたものと判断させて頂きますm(_ _)m

■お受けできない車両について

以下の車両の場合は「機械が装着できない。」「2柱リフトでリフトアップできない」と言う理由で作業できません。(当店では車検に通る通らないはこだわりません。)

  • 走れないぐらい極端に車高が下がっている場合。地上高が5センチあればだいたい大丈夫ですが、リフトアップに手間がかかる場合は追加料金をおねがいいたします。
  • 20インチを超えるホイールを装着しているお車。アライメントの際ににスタッドレスや純正タイヤ等の20インチ以内のタイヤに交換すれば測定調整できます。
  • キャンバーが-6度以上で調整する場合。調整時におこしても良ければ測定調整はできます。
  • 土足禁止車両。カーペット上に紙カバーを引いた上で土足での乗り込みとペダル踏みをお許しいただけるならお受けします。
  • フロントバンパーやリヤバンパー、サイドステップが巨大、または極端に低い車両。リフトアップ時に邪魔にならないように取り外しすれば調整ができる場合がございます。
  • 3トンを超える車両。リフトが3トン以下で使用するものなのでどうにもなりませんm(_ _)m

■お問い合わせ、ご予約いただく前にお読みください。

アライメント数値のずれによる不具合は「4輪アライメント測定調整」にてほぼ改善するとお考えください。

しかし車体の不具合、車両の振動、タイヤの不具合、車両の癖などがある場合は改善しない場合もあります。

また、まれにアライメント数値が正常化することで、今まで出ていなかったハンドルセンターのずれや、走行時にどちらかに寄ってしまうなどの不具合が出る場合もあります。輸入車やキャンバー角が多い車両、大きくアライメントが狂った状態で走行してタイヤなどに癖がついている車に多い症状です。

アライメント調整後の「真っ直ぐ走らないアライメント以外の理由」を解決するのは、基本的に別料金となりますのでご了承ください。

残念ながらすべての不具合がアライメントの不具合かどうかは測定調整してみて初めて判るというのが正直なところなのです。

もちろん調整に関しては数値のノウハウも合わせて他店には負けていないつもりです!もしかしたら1度の調整では治らないものも1度目に診断して車の癖を洗いだし、2度目の調整で車に合わせた調整を施すことでよりよい状態を目指すことも出来ます。

そういう状況は本当に「まれ」な事象ではありますが、まずは「4輪アライメント調整」は足回りの健康診断の延長に、調整で改善できるところを調整し様子を見る。と言う認識でいらっしゃれば、がっかりすることはないと思います。

できれば「アライメントってそういうことなんだ」とご理解いただいた上でご利用いただけるとうれしいですし、お客様に喜んでいただける結果を提供できると思っています。

お電話でのご予約おまちしております。

 

 

改造した車の車検を「しっかり」を「安く」承ります!

■「競技車両」「チューニング車両」の車検は、少し専門の知識が必要だったりします!

チューニングカーや競技車両で特に違法改造をしているわけでもないのに「ディーラー」「カー用品店」などで門前払いをされたりしたことはありませんか?

13260236_1566632510297091_3400230641234766796_n

僕は↑この車でホンダのディーラーの入口で「これ、違法改造してませんかぁ?」と、嫌~な感じで言われてちょっとムッとしたことがあります(笑

ディーラーや、大手カー用品店が「改造車」の入店に神経質になっているのには彼らなりの理由があります。

もし彼らのような認証工場が違法改造車の作業をしているのを見つかると、整備の資格を停止されて営業が出来なくなってしまうのです。

もちろん合法的な改造をしている車の作業は問題ありませんが、彼らは「改造車」が本業ではありませんので、どこからどこまでが合法で、違法か、パッと判断が付きにくい。そこで営業停止の危険性がある危ない橋を「なるべく渡らない」という方向になるわけです。

■ファクトリーイオはチューニングカーの車検は得意です!

DSC_0254

 

「チューニングカー」の車検が得意と言っても、違法改造車を無理矢理車検に通せますと言っているわけではありません。

車検に通らない箇所があるとしたら対策して、通検をする作業になります。「いじっている」車を車検に通すためには、「何が合法で違法か」を良く理解する必要があり、対策も単に「純正に戻せば良い」という単純なものでなく、なるべく大変更が無いようにします。

車両や改造内容によって「グレー」な箇所がある場合は、当店からすぐにある「湘南陸運局」に実際車両を持込んで確認することも「ユーザー車検代行形式」で通検する当店だからできる方法もあります。

そして何より、競技車両のように「車検に通る」ことが最低条件の改造車に乗っているのに、知らない店員さんに「なんだコイツ、変な車に乗ってきやがって」と言う顔をされないのは最大のメリットだと思います(笑

■車検料金もリーズナブル!むしろいつもしっかりメンテナンスをしている改造車は意外とお金がかかりません!

DSC_0134

競技車両や改造車にお乗りのお客さまは、(一部の方を除いてw)日頃しっかりメンテナンスをしていますので、車検通検時にはほとんど交換部品が無い場合が多く、お金がかからない方がほとんどです。

また最近は整備業界にも「コンサルタント会社」が入り込んでいて、車検で高く収益を上げる為に、必要不必要関係無く、見積に消耗品すべてをのせて提示して、不安をあおって金額をつり上げていく方法がはびこっています。

もちろん、当店でも安心して2年お乗り頂く為のメンテナンスやオイル交換のアドバイスはさせて頂きます。が、不必要な物は一切押し売りいたしません。もちろんお見積は無料ですので、お気軽にご相談ください。

上記料金表は基本料になります。車種の年式などにより金額が変更になる場合がございますので、詳しくお電話やメールなどでお問い合わせください。

DSC_0097 (2)

もちろん改造していない「普通の車」、「トラック」や「バン」などの仕事の車も、格安価格で車検通検致します。

代車も無料でご用意致します。よろしくお願い致します!

「車の動き」にお悩みなら、是非一度ご相談ください。

「気持ちよく走れる足回り」を提供します!

距離を走った車のショックアブソーバーのリフレッシュをお考えの方、足回りを交換したが今ひとつ満足していない方、異音や振動にお悩みの方など、お車の乗り心地や動きに「もう少しどうにかならないものか?」とお考えの方は、是非一度ご相談ください。

ファクトリーイオはスエーデン製ショックアブソーバー「OHLINS」をお勧めします!

Ohlins_b33f9_450x450

「OHLINS」はユーザーのご希望にあわせてどのようにでもセットアップ&カスタマイズする事ができます。これが一番の「お勧めする理由」です。

ショックアブソーバーを交換すると、しばらく使用して劣化したのが判ってもなかなか気軽に再度新品交換というわけにはいかないものです。「OHLINS」はオーバーホールが出来るので、安価にいつまでも新品性能を維持することが出来ます。

OHLINSのオーバーホールは他社のそれよりも期間が短いのですが、それでも通常1~2週間程度を必要とします。ファクトリーイオはOHLINSのオーバーホール・仕様変更を「エレガントスポーツAZUR」様に依頼しており、最短中二日での作業が可能です。

当店にて車両脱着も合わせてご依頼の際は、車両から取り外してショックを発送し、オーバーホール作業の間は、車両はリフトアップしたまま保管します。脱着が一度で済みますので工賃の節約になります。また作業期間中は代車を無料でご利用頂けます。

「オーバーホール」作業と同時に仕様変更が出来ます。「もう少し乗り心地を良くしたい」「運動性能を向上させたい」「高速で安定性が欲しい」などご希望や解決したい動きをお伝えください。ショック分解前に実際走行し、ユーザー様のご要望を確認した上で、スプリングやマウント等周辺部品の変更も合わせてお見積の上ご提案致します。

「希望をどのように伝えれば良いかわからない」方も丁寧にお話しを聞かせて頂きますのでご安心ください。必ずご満足頂けるショックを提供します!

OHLINS特注ショックもご相談ください。

BTO-ZC6_ZN6_DFV_HAL

OHLINSでメーカーラインナップ設定の無い車種は、特注製作が出来ます。「特注製作」と言うと高額になるイメージがありますが、OHLINSの特注製作を専門に行っている会社とタイアップしていますので、ラインナップの価格にプラスアルファの予算で製作することが出来ます。

過去にはBMW・メルセデスベンツ・アウディなどの輸入車、国産車では大型ワゴンなどの製作実績があります。

特注ショックは製作時に乗り心地とスポーツ性能のバランスを専用でセッティングしますので、高次元での走りを最初から体感頂けます。

1/1000秒を削り取る競技用セットアップもお任せください

HOSMI30_0

関東地区でいち早くAZURカスタムの「スーパーオーリンズ」を導入し、20年間何台ものジムカーナ車両製作をしてきました。20段減衰調整の機構を持つOHLINSを高次元でチュ-ニングしたスーパーオーリンズなら、コースや天候、気温に幅広く対応でき、ドライビングに集中することが出来ます。

ユーザー様の走るステージやコースにあわせて、スーパーオーリンズをさらにカスタマイズすることも出来ます。特に関東のコースは低速でのコーナーリングがタイムアップのキーポイントであることが多く、パイロンコースがメインである事から、「全日本選手権でタイムが出るセッティング」では、許容範囲が狭く難しい車になりがちです。

常にコースに対して適正な操作が必要なパイロンジムカーナでは、ドライバーに負担をかけない「乗りやすさ」が不可欠だと考え、「スーパーオーリンズ・イオオリジナルスペック」はスピードレンジにあわせセッティングをしています。

中古OHLINSの持込オーバーホール、仕様変更も受け付けます

OHLINSショックアブソーバーは、費用対効果で考えるとけっして高くはありませんが、そうは言っても「高価であること」は否定できません。

ご予算的に新品購入が厳しい方は(状態を確認して頂いた上に)中古市場にある中古のOHLINSショックアブソーバーを調達、持ち込み頂ければオーバーホール・仕様変更(スーパー化も含む)が可能です。またセットになっているものの場合は極力つかえる部品は再使用し組み付けて出費を抑えるようにいたします。

ただし中古品ならではの「トラブル」のリスクもございますので、あまり古いものやノーオーバーホールのまま距離を走ったものにはご注意下さい。オーバーホール時に部品交換が追加されると逆に割高になる場合もございます。

表面硬度が「ガラス」のボディコーティング

■ボディコーティングの需要な役目は「塗装面を守ること」と考えます。

ファクトリーiOではボディコーティングを自社で施工しています!

コーティングを施工する目的は「ボディを薄い膜で覆ってキズや汚れ、塗装の劣化を防ぎたい」というところです。

当社のコーティング材の特徴

  • 被膜硬度は硬い方が良いが、塗装より硬いと長い年月でひび割れが生じてしまう、鈑金修理の際に支障が出るなどがあるので、適度な「硬さ」であることが必要です。(当社コーティング材は硬度9H)
  • 被膜の厚さは、光沢のムラが出にくい厚み限界まで厚いほうがよい。厚い方がクッション要素が出るので外的要因(飛び石、鳥糞)から塗装を守ることができます。(当社コーティング材は膜圧2µ+α)
  • 緻密性が高いこと。分子レベルでの緻密性は表面への吸着を強固にします。また塗装分子に絡むことで「剥がれにくく」なる効果もあります。
  • 色あせ、艶引けは塗装が痛みが進行し、結果として塗装が酸化し劣化してしまった状態です。表面が劣化すると目に見えないレベルで表面が「ボコボコ」になり、汚れやすくなります。またパッと見、車全体がぼやけた感じになります。当社のコーティングは塗装酸化を防ぐ能力が強いです。
  • コーティング材の緻密性が高く、塗装表面に貼り付いている力がとても強いので、ぶつけたり、引っ掻いたりしなければ基本的にコーティング材が剥がれてしまうことはありません。
  • 他のコーティング材と比べ硬度は格段に硬いのですが、ガラス表面に砂をこすりつければ、細かいキズが付くように、このコーティング材も表面にキズが付きます。しかし過去施工したお客様の状況ですと、短くても2年、長ければ5年は施工時の状況から大きく劣化することはありませんでした。

■ファクトリーiOでは「こんな方を想定して」コーティングメニューを作りました。

●競技車両・レース車両

競技車両は会場で、バケツに水を汲んで洗車をするケースがあります。洗車時にボディにキズを付けない為には沢山の水で汚れを洗い流しながら洗車をしていくのがベストですが、レース場ではなかなか「水をふんだんに使える」ような場所がありません。当社のコーティングは表面硬度が硬いためバケツ洗車でもキズが付きづらく、水洗いだけでも綺麗になります。

またナンバー付き競技車両でも通常移動に使わない方は、「ボディカバー」をかけて保管している場合がありますが、構造上どうしてもボディカバーと車体の表面がこすれて細かなキズが付いてしまいます。当社のコーティングは表面硬度が硬いのでこのような場合もキズを最小限に防ぎます。

●あまりこまめに車を洗えない方

自分で車を洗おうと思うと、やはり1時間ぐらいはかかってしまいます。またそれに自分でワックスや簡易コーティングをかけるとなると、さらに1時間・・・。

中々時間を作れなくて、放置した期間が長いと汚れを落とすのに、さらに時間がかかる。余計時間を作れなくて洗わない期間が延びる・・・・。そういう悪循環を当店のコーティングは解消してくれます。

まず、汚れが堆積しても簡単な水洗いで汚れを洗い流すことが出来ます。状況によっては水が流れる場所(ドアノブやドアミラーの下)には流れたような水垢汚れが染みつく場合がありますが、コーティング材の表面での汚れなので市販の水垢取りやコンパウンド材を使用すれば簡単に落とすことができます。

●ガソリンスタンドなどの洗車機を使いたい方

コーティングをした場合、その後のメンテナンスで「色々な制約」が付く場合があります。

  • 洗車機を使ってはいけない
  • 洗車の時には水で手洗いしなければならない
  • 月に一回メンテナンス材をつかって作業をしなければならない
  • 他のコーティングや水垢取りを使ってはいけない

等々。

こういう煩わしい(?)「制約」は当店のコーティングではありません。特に「洗車機」は逆に使って頂いて全く問題ありません。洗車機は洗車キズが付きやすいですが、強固で厚みがあるコーティング被膜が塗装までキズを到達させません。そもそも洗車キズもほとんどつきません。

まれに「コーティングしてあるから洗車できない」と汚れた車で走り回っている方がいらっしゃいますが、汚れを付けたまま走行するのは細かなキズの原因になりますし、塗装の表面酸化の原因になるなど良いことはありません。

■コーティング専門店以上の品質をお求めやすい価格でご提供いたします。

コーティング作業は新車で2日~3日、鏡面調整をする車両は3日~4日のお時間を頂きます。代車を無料でご用意致しますのでご利用下さい。

高性能オイル「NUTEC」全品取扱&アドバイスお任せ下さい

nutec-racing-top

ファクトリーiOは高性能オイル「NUTEC」を全アイテム取り扱う「NUTECスペシャルショップ」の認定をメーカーより受けています。

■当店が「NUTEC」をお勧めする理由

「NUTEC」はトヨタメーカーワークスの耐久レースやラリーのエンジニアが「壊さないこと」を目標に作ったオイルが原点であると言う事です。

信じられないことかも知れませんが「壊れしてしまうオイル」は確実に世の中に存在し、高価な金額で市場で流通しています。安いオイルを使って「壊れてしまう」のであれば、それは納得出来ることかもしれませんが、「高性能」と謳う高価なオイルにも、そんなものがあるのです。

しかしそのメーカーが「壊すためのオイル」をいい加減な気持ちで作っているのか?と言うと、そんなことはありません。それぞれのメーカーがそれぞれのノウハウの元に、化学の専門家がまじめに作っているのです。

ではなぜそんな事が起きるのか?それは作っている人が「過酷な状況を知らない」のです。

たとえばファクトリーiOが参戦する「ジムカーナ」は「ゼロスタートをする」「ハンドルの切り込み角が多い」「ミッションや駆動系の負担が大きい」「全開時間が長い」などの過酷な状況があります。

部品を強化するにも限度があります。予算的にもレギュレーション的にもです。そこで「壊れない(守ってくれる)オイル」が必要になってきます。

オイル製作者は機械的構造は知っているでしょう。しかしレースなりラリーなりジムカーナなりの車に対する攻撃性や競技の過酷さ、どのように壊れるか?を知らなければ、オイルで対策のしようがない。

「壊れやすいオイル」にはその理由がしっかりあるのです。

オイルの業界はなぜか「自分の製品は自画自賛」「他社のオイルはカス」と言う売り込みをする人が多い。ショップもそうです。そういう人は信用しない方が良い。オイルは万能ではありません。そうもちろんNUTECも万能ではない。

しかし、NUTECを使う事で「壊れなくなる」のは確かです。今まで壊れたミッションが格段に壊れなくなった。と言う実績もあります。

余計な出費を抑えること。そしてオイルに保護された状態で沢山走ってドライビングスキルを上げていく。

NUTECはそんな風に使う方にぴったりなのです。

pro-Cat01-ZZ-04

■「NUTEC」のアイテム選びは慎重に!!

先ほど「NUTECは耐久レースから産まれた」と書きました。耐久レースは「いかに壊さないで、そのなかでなるべく速くゴールにたどり着く」と言うレース。ドライバーもメカニック、エンジニア、チームマネージャー全員が「壊さない事」を念頭において車作りとレース展開を行います。

しかし、そのオイルをスプリントレースで使うとなったらどうでしょう?「耐久レース用」としてしっかり作っているオイルなら、20週たらずのスプリントレースにマッチングするわけがありません。

NUTECオイルは市販品であっても、その製品の「コンセプト」があります。なので使い道に合わないオイルをチョイスして使用しても性能をフルに発揮できないのです。

NUTECのオイルを使用して「前のメーカーのほうが良かったな」と言う方は必ずもう一度、ブレンドなどをして使ってみてください。納得出来るフィーリングが得られれば「耐久度」はどこのメーカーよりも上なので、ロングライフに使えてお得になります。

車のチューニングが「トータルバランス」なように「NUTEC」も車の使い方で選択をしてください。NUTECオイルはグレードの高いものと低いものを掛け合わせてブレンドしても大丈夫なので、無限大にアイテムを作ることができます。

■NUTEC使用時に念頭に置いてください!

オイルを交換すると「交換した直後は凄く良い。でも1回熱を入れると次の時にはフィーリングが落ちる」経験をされた方が多いと思います。

ご注意下さい!NUTECは交換時の「フィーリング向上」を狙っていません。もちろんそういう配合をすればNUTECでも同じ効果は出せますが、あえてその性能を狙っていません。NUTECの狙いは「ロングライフ」です。交換してから次回交換時まで高次元での「フィーリングが変わらない=性能劣化が少ない」事を目標にしています。

今回も次回も交換しても「絶好調!」なフィーリングを味わえないが、性能劣化が少ないのでエンジン保護力が強いNUTECを是非当店でお試しください!

eng_nc-52

NUTEC HP